がんばれ!朝乃山関

朝乃山のプロフィール

写真

朝乃山

四股名 石橋 → 朝乃山
本名 石橋 広暉(いしばし ひろき)
生年月日 1994年3月1日
出身 富山県富山市
所属部屋 高砂部屋
得意技 右四つ、寄り、上手投げ
愛称 富山の人間山脈

 

朝乃山の人柄

 

愛嬌がある

 

 富山県出身で、ブリの塩焼きすしが好物。

 

 朝乃山はイケメン力士として、スー女たちからの注目度も急上昇中で、SNSでは「かわいい、癒される」などと注目されている。

 

 そんな朝乃山は雑誌のインタビューで好きなタレントは「磯山さやかさん」と答えている。

 

 

朝乃山

 

 また、幕内初優勝を決めた朝乃山は、千秋楽でトランプ氏から渡される「米大統領杯」について「トロフィーが大きいと聞いたので、腕がもつかな(笑い)」。大統領については「これからトランプさんのことをウィキペディアで調べて臨みます」と笑わせた。

 

義理堅く人情が厚い

 

 2017年1月場所で幕下優勝し、十両昇進を決めた翌日、恩師である高校の相撲部監督・浦山英樹先生が死去。

 

 朝乃山への遺書には、教え子への願いが込められていた。「俺の誇りだ。横綱になれるのは一握り。お前はその無限の可能性がある。富山のスーパースターになりなさい」

 

 手が震えながらも振り絞ったことが分かる字だった。朝乃山は布巾着に大事にしまい、場所に向かうときも携えている。

 

 当時、四股名を決めるとき「葬儀の日に先輩たちと、『朝乃山』の四股名を決めたんです。浦山先生の『山』、富山の『山』、そして富山出身の横綱・太刀山の『山』。いろんな思いが詰まった四股名です。人生は一度。やるからにはいちばん上(横綱)を目指していきます」と話している。そして、幕内力士となった際、一番報告したい相手に、浦山英樹さんを挙げた。

 

 また令和初の本場所にて、初優勝した際にも、報道陣に報告したい相手を問われると、迷わずに「先生です」と答えた。

 

 さらに、令和初の本場所では幕内土俵入りで、浦山さんの関係者から贈られた「闘虎」の化粧まわしを着け続けた。朝乃山は「いつも上で見守ってくれている。『おかげさんで優勝できました』と言いたい。これからも土俵上で支えてくれてくれると思う」と語っている。

 

気は優しくて力持ち

 

 朝乃山の堂々とした体格とは対照的に性格は、控えめで入門当初は「そんなに目立ちたくない」と笑うこともあった。

 

 そんな人柄と地元富山県から22年ぶりの幕内昇進力士となったこともあり、県民みんなから愛されている。

 

 帰郷した際には、自らも通っていた保育所や富山の障害者施設に訪れ利用者や地域住民と交流するなど、心優しい一面を持っている。

 

 

朝乃山

 

 大相撲富山場所では朝乃山との握手会が行われ、大勢の地元ファンが殺到した。

 

 

朝乃山

 

 “気は優しくて力持ち”が「お相撲さん」なら、朝乃山はその言葉がぴったりな大相撲力士である。

 

 

Sponsored Link

 

 

日本相撲協会「朝乃山」プロフィールはこちら

 

 

【朝乃山関の最新情報】

 

 ○【祝!優勝】令和最初の優勝力士!朝乃山

 

 ○取組結果

 

 ○朝乃山のプロフィール・人柄

 

 ○朝乃山の経歴

 

 ○【かわいい系@】写真ギャラリー(〜平成31年)

 

 ○【かわいい系A】写真ギャラリー(令和元年〜)

 

 ○【化粧まわし】写真ギャラリー

 

 ○【イベント】写真ギャラリー

 

【朝乃山の最新ツイート・インスタグラム】

 

 

 

 ◎朝乃山のインスタグラム写真

 

Sponsored Link

 


 

トップページに戻る



ページ上部へ